雨漏りしている場所によって工事法は違う

雨漏りは放置せずに雨漏り修理を行おう

業者が行なう雨漏り修理

雪による雨漏りは修理業者で対応してもらえます。雨漏り修理業者では、トラブルが起きている箇所によって行っている方法が異なります。

それぞれの箇所の修理

屋根の工事
雨漏り調査をして屋根による原因だった場合は、工事方法がいくつかあります。状態によって異なることもありますが、屋根工事をするなら瓦の修理や張替え、葺き直し、屋根塗装、防水コーキングを行ない、雨漏りによるトラブルを防いでくれます。
室内の工事
調査で室内による原因であった場合、内装工事を行う必要があります。内装工事としては、クロスの張替えや天井修理を行います。また、天井の修理を行う際には、浸水しているか、腐食しているか、錆びが発生しているかなどで工事方法が違ってきます。
外壁の工事
外壁が原因で雨漏りを引き起こしているのであれば、外壁工事を行わないといけません。外壁工事の方法としては、ひび割れの補修や外壁の塗装替え、外壁材の張替え、サッシの水切りコーキングを行っています。工事を行えば外壁から雨漏りすることはありません。
他の箇所の工事
雨漏りは屋根や室内、外壁以外からでも起きます。調査をしてそれ以外だった場合の工事方法としては、物置の工事、出窓の修理、FRP防水工事を行っています。FRP防水工事を行うことで、約10年くらい防水効果があります。

修理が行なわれるまでの間

屋根裏の対策

突然の雨漏りや雪によるもので起きてしまった場合は、業者に依頼することで雨漏りをした原因や、状況にあった修理を行ってもらえます。ですが、業者が来る前に室内に漏れてきた水をそのままにしておくと、大切な家財が濡れてしまいます。突然の雨漏りや雪によるトラブルが起きた際には、応急処置をしておく必要があります。応急処置としては防水テープを使う、コーキング剤を使用する、屋根裏にビニールシートを敷くといった対処方法があります。防水テープやコーキング剤はホームセンターで販売されています。

TOPボタン